ETCが普及してきたのはごく最近の事ですからこの数年の間に設置した方も多いようで、ETCが開発された当初はまだまだ料金所のETC専用レーンが少なく、車に設置するなら後付けするしかなくダッシュボードに飛び出して目立ってしまいましたが、最近ではどんどん改良が進み利用者も増えた事でETCレーンも増えたし車にもスマートに装着出来るようになり嬉しいですね。

そのETCを利用するために必要なカードは、ETC対応前に生産された車はダッシュボードの上に後付けで機器を設置していましたが、ETC対応が標準になった今ではまるで音楽CDをプレイヤーに入れるようにスマートにスライドさせて挿入出来るようになり車内の見た目もスッキリ出来るようになったのが大きなメリットで、をおしゃれだと好評です。

ETCカードを入れ忘れて高速道路に入ってしまうと、料金所の手前でピピピ!と警告音が発せられるシステムも開発され料金所の直前で慌てたり減速したりしなくて良くなった為、減速や停車による渋滞の緩和にも役立っていますし、料金の踏み倒し防止にもなっているそうですから、ETCカードを使いこなすことで快適なドライビングライフを楽しみましょう!