高速道路においてなぜか発生する自然渋滞の主な理由は、事故のやじうま見学、気付かない位ゆるい傾斜の坂、強風、そして料金所の混雑が大きなもので、特に最後に挙げた料金所はなかなか現金がぴったり出せなかったり近くに停車出来なかったりとたくさん時間がかかってしまう難点ポイントでもありました。

それを解消してくれたのがETCシステムといって料金所に設置されたセンサーで通った車を感知し、自動的にお金を支払えるという現金いらずの料金所通過方法なので、今までのように現金を焦って出さなくても時速20km以下に減速して料金所を通過すれば良いだけになり非常に便利です。

ETCを利用するならば事前に登録をしてETCカードを手に入れ、車にカードを入れるためのホルダーやETCと反応させるための機器を設置しなくてはなりませんが、最近では新しく販売される車にはほとんど標準的に装備されているので安心ですね。

ETCカードは見た目は普通のクレジットカードのようなもので、1ヶ月で利用した高速道路代金が引き落とし日に指定した口座から引き落とされるシステムなので、引き落とし日の前に口座の残高を確認し、きちんと高速道路代金を支払えるように準備をしておきましょう。

関連コンテンツ【http://www.qsr.mlit.go.jp/index.html