昔の高速道路では料金所ごとに係の方々がレーンに立っておりそこで料金を支払うのが一般的で、軽い挨拶や1、2言の会話は運転手の気分転換にもなり安全運転になりやすいというメリットはあったものの、なかなか現金が用意出来なかったりおつりの受け渡しに失敗したりと時間がかかる要因にもなり渋滞発生のポイントともなってしまっていました。

そこで開発されたETCはセンサーで車を自動的に認識し、車に挿入してあるETCカードに反応して利用履歴を記録するスマートなシステムなので、いちいち料金所で止まる事無くスピーディーに通過出来るようになったのが魅力ですね。

ETCカードを利用するメリットとして、混雑を緩和するためにETC利用者には割引があるという点があり、混雑時間以外を値引きすることによって利用時間をばらつかせ、時間的なピークによる渋滞が緩和されましたし、アクアラインなどの普段は高い特別道路もレジャーシーズンだけ値下げを行うなどのETC利用者限定のサービスも行っています。

これにより料金所の混雑が緩和され渋滞も減りますから、出かける際は必ずETCカードを携帯し、車のETCカード挿入口にきちんとセットしてからドライブに出発するようにしましょう!